勇 退

2012年07月26日|カテゴリー「プレジデントな言の葉
当社が写植機を導入したのが昭和52年頃、そして昭和58年頃に電算写植の導入と長年お世話になっている、
「株式会社モリサワ」の森澤嘉昭相談役が今年4月に喜寿を迎えられました。
ご勇退の挨拶にと昨日、来社くださいました。

私は都合でお会いすることができませんでしたが、当社の会長とは知己の間柄。しばしの時間、昔を懐かしんで話が盛り上がったようです。企業規模は違えども、両氏は同じ経営者として馬が合い、泊まりがけの釣りや旅行を楽しむなど、長きにわたりいろいろなご縁をいただいています。私の息子が通う大学も氏の母校とのことで、お会いするたびに「ご子息はいかがですか、何か大学で困ったことがあったら言ってくださいよ」と、声掛けをいただきます。本当にこれも何かのご縁でしょう。

今、私が手にしているのは、氏の足跡を記した記念誌です。モリサワの歴史とお取引先や友人、社員、元社員の皆さんがそれぞれの時代を振り返って氏との思い出の寄稿文で綴られたものです。そこには、高度経済成長からバブル崩壊の時代背景と共に40年にわたる経営者としての手腕、そして多くの方からエピソードを交えながら氏の人柄が紹介されています。特に時代の変化に対応していく行動力と決断力。経営者として学ぶべきことが沢山あります。今後のご健勝を祈念いたしますと共に、想いのこもった一冊として大切にさせていただきます。感謝。