言 葉

2012年08月03日|カテゴリー「プレジデントな言の葉
今日は、船井総研大阪本社での経営者セミナーに参加してまいりました。

テーマは、船井流「ものの見方」や「考え方」。少しではありましたが、創業者船井幸雄氏の哲学にふれることが出来ました。どの様に考えて生きていくのか。それを「言葉」として、どの様に伝えていくのか。「人」が成長するために企業として、経営者として想いを伝える「言葉」の大切さを学ぶことができました。

また、クレドのことについてもお話があり、あらためてその大切さを確認しました。何もかも及ばないですが、少しでも近づけるように実践していきたいと思います。

セミナーの冒頭には、経営者として正しい判断をするために心と体が常に健康であることの大切さを説かれました。健康の為にこのビール腹と運動不足を何とかしなければと思いながら、でもこの季節はあの一口がやめられず、心の弱さと戦っています。