真の「ほっとするパートナー」を目指して

2013年02月23日|カテゴリー「プレジデントな言の葉
今日は販促のお手伝いをさせていただいているお客様から、当社のいたらない点、また、感謝いただいていることなどのお話しをいただきました。

その中で、ついつい日々の業務に追われて、お客様の本当の気持ちになれないで信頼を失いそうになった私どものいたらぬ点を気づかせていただきました。こうして直接声を聞かせていただくことの大切さをあらためて学び、今日の機会がなければ、お取引が自然消滅して、「ほっとするパートナー」になるための大切なことを学ぶことができなかったと思います。

53歳の終わりの日に素晴らしい教訓をいただきました。
おかげさまで、明日は少し成長した54歳になれそうです。ありがとうございました。