「CSR」の取り組み

2013年08月08日|カテゴリー「プレジデントな言の葉
CSR認定マーク
「CSR」とは(Corporate Social Responsibility 企業の社会的責任)の略。近年の企業を取り巻く環境が大きく変化する中、我々中小企業も「持続可能な経営」の取り組みが求められ、社会からの様々な要請に応えるための経営戦略が必要とされています。



そのような中で全国印刷工業組合連合会が「CSR認定制度」を創設し、ワンスター(標準認定)、ツースター(上位認定)、スリースター(最上位認定)と達成度によって評価し、社会にアピールしていこうとの制度です。
CSR認定制度
取り組みの項目として、

①コンプライアンス
②環境
③情報セキュリティー
④品質
⑤雇用・労働安全
⑥財務・業績
⑦社会貢献・地域志向
⑧情報開示・コミュニケーション

の8つの評価項目があり、150頁からの申請書を提出しました。

評価項目の書類を作成していく中で、当社が近年取り組んできた「プライバシーマーク」「リサイクル」「エコ商品」「クレド」や「MUD」等がまさに評価基準の対象となり、いろいろと進めてきた方向性が間違っていなかったことをあらためて確認できました。しかし、「財務」や「労働安全」など、まだまだ不十分な課題もあり、経営者として改善をしていかなければと感じた次第です。

でもきっと、審査機関から追加資料の請求があるだろう覚悟をしています。なんせ締め切りぎりぎりの突貫工事だったもので・・・・。