45周年旅行と「西郷 隆盛公」

2013年10月29日|カテゴリー「プレジデントな言の葉
広和印刷45周年記念社員旅行 鹿児島へ「桜島」
広和印刷45周年記念社員旅行として10月18日から2泊3日の行程で、私自身も初めての鹿児島へ。

海外と国内に分かれる周年旅行も今回はみんなで一緒に同じ旅行先にとのことで、本当に天候にも恵まれ、桜島の噴火を間近で見ることができるなど、大変楽しい思い出をつくることができました。

しかしながら、ご家族の介護関係で参加できない方が多く、社員の皆さんが5年前の状況と大きく変わっていることに時代の流れを感じました。


さて、今回の旅行での楽しい思い出とともに、もう一つの収穫は、お土産屋で一冊の本を手に入れ、今でも多くの県民に先生と呼ばれ尊敬されている「西郷隆盛公」の人間像にふれることができたことです。薩摩藩邸を焼き討ちし、戊辰戦争では敵であった山形県庄内藩が西郷隆盛公に救われ、庄内藩が隆盛公の教えを「南洲翁遺訓」として世に広めたものでした。

隆盛公の「志」や現代社会も失ってはならない沢山の教えが記されてあり、日々、難しい原文と解読文を少しずつ読んでいます。



機会がありましたら、紹介したいと思います。