PRINT NEXT 2014

2014年02月20日|カテゴリー「プレジデントな言の葉
バレンタイン翌日の2月15日、名古屋で開催されたPRINTE NEXT 2014に参加してきました。
印刷関連の4つの青年団体が協力しての開催。将来の業界を担う若きメンバーの想いや方向性を確認したくて初めての参加です。

基調講演は400mハードル元日本代表の為末大氏。

「常識をぶち壊せ」のテーマの大会でどのようなお話しだろうかと楽しみに・・・。オリンピック初出場での失敗から、日本人では常識破りのチャレンジでやっと栄光を掴み、またその栄光から挫折を味わいながら、復活を遂げるまでの世界の舞台で戦った話を我々の業界にも例えながらお話しをいただきました。

一流、二流のスポーツマンは大切な時に集中できる人。超一流は長島さんのように無邪気に楽しむ人だそうです。

これは中々なれないので、一流を目指すには、何で失敗したのかをしっかりと把握し、次のステップに進める自分自身をマネジメントすることが大切。負けることを恐れるとチャレンジができなくなる。57歳で亡くなった父の死から、人生には時間が限られていることを学び、今も自分目標に向けて歩んでいる。とにかく目標に向けて努力を惜しまず、たまには棚ぼたもあるが、棚ぼたも落下点まで行かないと取れない。

とにかく、①失敗を恐れずやって行く、②自分と敵を知る、③考えをポジティブに。 とのことでした。

そして、感銘したパラリンピックポスターの女性アスリートの「私は事故で右足を失ったが、まだ、私には左足がある」言葉から「業界は厳しいかもしれないが、希望を持ってチャレンジしてください」と締めくくられました。

一流を極めた氏は私服でも壇上の立ち姿も、笑顔も、話っぷりも、人柄も最高でした。何より、強い心を持ちながら現役を引退しても次のステップに向けてチャレンジし続ける姿を見させていただきました。



つづく・・・???