リクルートに最適化 !

リクルート用の採用案内をつくりたい方

昨今の採用活動は、大企業への就職を志望する学生は増え続けるものの、地方企業・中小企業は依然厳しい状況が続いています。また、就職活動の短期化により、企業にとっての準備期間はさらに短くなりました。より良い人材をより多く確保するため、企業の魅力の詰まったリクルート用会社案内で、学生に選ばれる企業になりませんか。ターゲットを選定し、ニーズにマッチする効果的なリクルート用の採用案内をご提案します。

ターゲットに合わせて、選ばれる採用案内

やる気、元気、明るいイメージ 落ち着き、高級感のあるイメージ
新卒採用の広報活動で、貴社はどのようなツールを用いていますか?  もし、会社案内をそのまま使っているのであれば、採用専用の会社案内をつくることをおすすめします。そして、このリクルート用採用案内では「この企業に就職をして活躍したい」と思わせる魅力を、余すことなく伝えることが重要なポイントです。

より多くの志望者を獲得したいということはもちろんですが、企業が欲しい人材の条件はそれぞれ異なります。ターゲットを選定し、そのターゲットのニーズに合ったリクルート用採用案内を作ることが重要です。リクルート用採用案内をつくる際は、そのターゲットの心に響く内容・デザインを行うことが第一条件で、無理に企業の顧客へ向けてつくられたイメージに沿った内容にしなくても良いという点が特徴です。

おおげさに言えば、高品質で高所得者をターゲットにしている商品をつくるメーカー企業であれば、もちろん企業イメージでは「高級感」を押し出すでしょう。しかし、採用では技術とやる気、持続できる根性のある人が欲しいと思っている場合、高級感ばかりを打ち出した採用案内ではなく、元気の良い社員等を登場させた明るいイメージの採用案内の方が、ターゲットのニーズにマッチしています。

また、会社案内とはまったく違う少し変わった遊び心のある採用案内が好まれる傾向にあるのも事実です。パンフレットをつくるにあたり重要なのは、社会人ではなく「学生が見る」ことを常に意識することです。多くの会社の中から、印象に残る会社になるため、そして選ばれるための採用案内をご提案します。

学生が就職したい!と感じる企業の魅力とは ?

企業の考えている自社の魅力と、学生の考えている企業の魅力は、合致する部分もありますが多くのギャップが生じます。そのギャップを意識して埋めながら、魅力をアピールしましょう。
事業内容や経営
事業規模や競争力より、長期的に経営が安定しているかどうか
将来性があるかどうか
仕事(業務)内容
自分の能力(学んできたこと)が活かせるかどうか
職場の人間関係
職場内の雰囲気が良く、チームワーク・一体感があるかどうか
福利厚生
社員が安心して働ける制度を採用しているかどうか
スキルアップ支援
研修などを用いて、社員のスキルアップ、キャリアアップを支援してくれるかどうか
独自の技術や
ノウハウ
社内では当たり前と考えられがちな技術やノウハウも、
学生にとって魅力に感じられるポイント

学生が本当に知りたい企業情報は ?

1位:社風、社内の雰囲気 2位:具体的な業務内容や事業内容 3位:面接、選考のポイント


ちなみに・・・

男性ならではの知りたい情報は
 → 企業(または業界の)将来性

女性ならではの知りたい情報は
 → 入社後の配属・転勤、結婚・出産後の働きやすさ
1 社風、社内の雰囲気

やはり、自分の働く環境がどのようなものなのかを気にする学生が多いようです。
 → 採用案内には、社長の写真はもちろん、社内の風景写真や、先輩社員の働く姿を積極的に掲載しましょう。

2 具体的な業務内容や事業内容

社内では当たり前、業界では当たり前のことを知りたいと思っている学生が多くいます。
 → かみ砕いた内容でできるだけわかりやすく、具体的な業務内容・事業内容を掲載しましょう。

3 面接、選考のポイント

これは学生にとって、知りたくても尋ねにくい項目ですが、誰もが知りたい情報ですね。
 → 求めている人材像を、複数のキーワードできっちりと表現しましょう。