学校案内

自校を上手くアピールできていますか ?

現代の日本では少子化が深刻な問題となっています。それに伴って、学校側も他校との差別化のために独自の取り組みを打ち出したり、制度の改正を行ったりと様々な対策に乗り出さなければならない時代となりました。そんな中で、志望者を増やすには、広報活動が不可欠です。貴校では、進学を考えている学生やその保護者、または教育関係者などに自校を上手くアピールできているでしょうか?

岡山パンフレット制作.netサービスでは、お客様から定評のあるヒアリングでターゲットのニーズをしっかりと汲み取り、目的達成への過程を綿密にプランニングいたします。

学校案内をつくるにあたって大切にしているのは、常に「読み手の立場に立つ」ことです。お客様の「想い」を対象となる読み手に余すことなく伝えるために、読み手が理解しやすい形で魅力を提示しなければなりません。私たちは、数々の実績で得た経験を活かし、多くの選択肢からお客様が選ばれるための学校案内をご提案いたします。

読み手の立場に立つ

学校案内と一口にいっても、それが使用される場面は一通りではありません。
例えば、進学先の資料として使いたい学生やその保護者と、学校に興味を持っている教育関係者や企業の方とでは「学校案内」を通して知りたいことは少し異なっているのではないでしょうか。ここで大切なのは、読み手が求める情報を分かりやすく伝えることです。
学校案内と学校概要/学校要覧の目的別イメージ図

しかし、こういった情報を1冊のパンフレットにまとめてしまうと、どうしてもごちゃごちゃして統一感のないものになってしまいます。無理に1冊にするよりは、それぞれの求める情報だけを濃縮し、ターゲットをしぼったパンフレットを作ることが大切です。